履歴書は完璧にできていて当たり前の世界

中高年に多いミスの傾向とは

履歴書は、自分の名刺代わりに企業へと渡すもの。完璧に仕上げておかないと、自分の情報が正確に伝わりません。特に中高年は、この履歴書に多くのミスを犯しがちですから、注意深く仕上げるようにしましょう。

 

履歴書には生年月日とか卒業年、就職年や転職年などを何箇所か記載しますが、「西暦」と「和暦」を混合しないように注意してください。こうしたミスがあるだけで、常識がない人と思われてしまう可能性が出てきてしまうのです。外資系企業に応募するなら「西暦」で統一します。

 

それから証明写真は街の写真館でちゃんと撮影してもらった写真を貼りましょう。スナップ写真の一部を切り取るのは不可です。簡易的に証明写真を撮影出来るところ(証明写真ボックスなど)も街の至る所で目にしますが、できれば利用は控えた方がいいでしょう。やはり、出来の良し悪しを考えた時には、写真館のようなプロフェッショナルがいるところで撮影した方がいいと思います。

 

もし証明写真ボックスのようなところで撮影するとしても、髪型を整え、面接を受ける時に着るような服装で撮影することを徹底してください。

 

 

「志望動機」と「趣味」欄を充実させよう

履歴書の中で、採用担当が必ず目を通すのは「志望動機」欄ですが、ここが空欄だとやる気がない人だと思われてしまいます。必ず細かい字でしっかり記載しましょう。しかし、細か過ぎるのもいけません。イメージすればわかると思いますが、目を細めないと見えないような細かな文字で記載されている志望動機を誰が熱心に読むでしょうか。読むわけがありません。

 

文字が大きすぎると、それでスペースを埋め、ごまかそうとしていると受け取られてしまいますが、読みにくさを避けるため、細か過ぎる文字も避けつつ志望動機欄を埋めていくようにしてください。また、中高年なら志望動機欄で、入社することで会社にもたらすメリットを伝えましょう。

 

「趣味・特技」の欄も空欄にしないようにしましょう。変わった趣味を書いておけば、面接が盛り上がるかもしれません。履歴書を用い相手に興味を持ってもらうのは、一種の技のようなもの。趣味や特技を書く欄でその技を発揮してみても面白いのではないでしょうか。

 

 

「面接に呼んでもらえない履歴書」にはパターンがある

履歴書ですがパソコンで作成して構いません。ただ中高年なのに、新卒と同じタイプの履歴書を使用している人がいますが、これは不可です。中高年向けの履歴書を買って使用します。修正液で誤字を消すのもダメです。

 

また、「手書き派」ならきちんと企業ごとに書きかえる必要があります。こうしたことができていないと面接に呼んでもらえないので気をつけましょう。

 

 

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト