中高年が再就職までにかかる期間とは?

「転職活動にかかる期間」については個人差が激しいです。転職を考えてすぐに次が決まって新天地で働き始める人もいれば、“辞めてから転職活動をする”といって失業してから1年以上たっても正社員になれていない人も実際に多く存在します。

 

中高年の再就職希望者であれば、“1日も早く決めないと、それまで現金収入が得られないよ”というせっぱつまった事情のある人も多いことでしょう。しかし働き始めても、最初の給与振り込みがあるのは、2か月後ですから預貯金を取り崩していくことになりそうです。

 

 

転職活動期間を左右する要素とは?

一般に転職活動期間を決めるのは、応募者の「年齢」によるところが多いです。若ければ若いほど引く手あまたです。(年齢÷7)か月くらいかかると計算すればよいでしょう。

 

つまり45歳の再就職希望者であれば、6カ月から1年くらいはみておく必要があるのです。もちろんこれは平均的な話であって、そうでない人、1年経っても2年経っても決まらない人もいます。失業保険がもらえなくなっても決まらないと焦りますよね。そうならないためにはどうすればよいのでしょうか?

 

 

なかなか内定が決まらない人の共通点とは?

自己分析がしっかりできていない人はその点を採用担当に見抜かれて、敬遠されることが多いと言えます。つまり“なぜこの会社に応募したのか?競合他社では無くてこの会社でなければダメだと言い切れる理由”がしっかりしていればいるほど採用される可能性は高くなるでしょう。

 

その他に応募先企業で即戦力を期待できそうな“キャリアや経験”があるとさらに有利です。そもそも中途採用になかなか合格しない人は、キャリアが不足していることが多いようです。

 

 

関連記事



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト