企業研究の方法

企業研究って難しいんじゃない?!

「この企業に応募したい」、「この企業で働いてみたい」と、求人を見て思ったとしても、その場ですぐにその決断をすることはあまりお勧めできません。その前に必ず企業研究を行うこと。その結果を見ずに応募を決断することは、少し危険な行為であると思っておきましょう。

 

そもそも、なんのために企業研究を行うのでしょうか。ブラック企業に入社してしまわないため、イメージとは違ったと感じないようにするため、転職を繰り返さないようにするためなどに必要なのが企業研究。もし企業研究を怠れば、こうしたリスクが付きまとうことを知っておかなければいけません。

 

また、この企業研究を難しいものと思っている人がいるようです。素人の自分には無理、再就職にお金はかけられないから何も調べられない・・・こんな風に思っている人が多いことに驚かされます。自分が入社する会社について、何も知らなかったら?!と思ったら、上のような状況に陥ることが想像でき、コワイですよね。

 

企業研究は決して難しいものではありません。というよりも、難しいと思うからといって避けていたら再就職にも失敗してしまうでしょう。必要な作業だと認識し、ここから逃げないようにしたいものです。

 

 

ネットで企業名を検索してみましょう。

もしも今話題の「ブラックめいた企業」であれば、ネットに何かそれっぽい書き込みを発見できるはずです。ただ、ネットに書いてあることを全部丸呑みするのではなく、“怪しい会社である”という悪評があるかないか?!をチェックするのです。

 

ハローワークへ行けば『会社四季報』が置いてありますので、それで調べると、社員の平均勤続年数や平均年齢、競合他社との違い・・・などがデータで確認できます。店舗を利用してみるのも手です。そこのスタッフが楽しそうに働いているかどうか?チェックするだけでも企業研究になります。

 

企業が自社サイトに公表している「IR情報」(株主向け情報)も企業研究の助けになります。株主に向けた情報ですので良いことしか書いていない・・・と思うかもしれませんが、嘘を書くと社会的に責任が問われる資料なので、経営状況、財務状態などかなり詳しく記載されています。

 

 

研究内容を絞りましょう。

企業研究はまさに企業のことを研究する作業なわけですが、その企業の全ての要素をしらみつぶしに詳らかにしていくのは絶対に不可能です。そんなことをしていたら何年かかるかわかりません。

 

再就職する際の企業研究は研究内容、つまり、どこに焦点を当てて研究していくのか、掘り下げていくのかが重要なのです。また、それは個人個人でも異なってきます。

 

そこで働く人のことが気になる人もいるでしょうし、待遇が気になる人もいるでしょう。将来性や残業・休日出勤の有無、福利厚生が気になる人もいると思います。自分が、「これだけは譲れない重要な要素だ」と思う部分を中心に企業研究を行い、応募する企業を選定していかなければいけないのです。

 

 

関連記事

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト