再就職に必要な自己分析って?!

自己分析がしっかりしている人とそうでない人にはどのような違いがあるのでしょう?

再就職活動に必要不可欠な自己分析作業。自己分析がしっかりしている人は、“仕事内容”で再就職先を選ぶ傾向があります。「長く安定して働き続けることができる会社」を厳しい目で選んでからアタックしますから、入社してから「こんなはずじゃなかった・・・」ということは少なくなるでしょう。

 

企業とのマッチングは再就職者にとって重要な課題。自分のことを把握していないと、このマッチングにはズレが出てきてしまいますから、しっかりと時間をかけて行うわなければいけません。

 

また、自己分析がちゃんと出来ている人は自分の適性や適職についてよくよく考えている人と言えます。むやみに年収アップやエリアにこだわらない傾向もあるようです。

 

逆に、自己分析がしっかりと出来ていない人は、目的や目標、つまり明確なゴールも見えないままに活動してしまうので、途中で行き場を失ってしまうことが多い。間違っても、“再就職すること”をゴールとしない方がいいでしょう。

 

あくまでも、自己分析の結果出てきた自らの行くべき道、例えば仕事内容や各条件、環境などをゴールとして活動していかなければいけないのです。

 

 

「キャリアの棚卸し」は難しい作業ではありません。

自己分析の中でも中心的な役割を担ってくれるのが「キャリアの棚卸し」作業です。

 

自分が経験したことのある仕事について、職種や業種、その他の区分でまとめて一覧表にしてみると、自分という労働者のタイプが分かります。そういう作業をすると、応募書類を書くのに非常に便利です。

 

職種や業種などの表面的な部分だけではなく、その中で携わってきた仕事の数々も洗い出しておくこと。それらの仕事の結果や成果、会社や自分に与えた影響、それらによって身に付いたことなども挙げていくと、より詳細に自分のキャリアを把握することができます。そこまで出来てこそキャリアの棚卸しが完成すると思っておいてください。

 

最近ではいろんな就職マニュアル本が出版されていますし、ネット上にもマニュアル的なサイトが増えてきていますが、応募書類(履歴書や職務経歴書、レジュメ、エントリーシート等)を書く際には、そうしたマニュアルの丸写しをすると採用担当にすぐにバレてしまいます。

 

応募書類は自分の言葉で簡潔にまとめてあるのが望ましいので、誰かの文章をそのままコピペしたような文章は不可です。この時に、より自分の言葉で表現するためにも自己分析(キャリアの棚卸し)が欠かせません。自分を知り尽くすことで自然と出てくる志望動機や自己PR。これを捕まえること。自己分析の深さや濃度によって、アピールできる度合いや相手への伝わり方が変わってくると思っておきましょう。

 

 

 

関連記事

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト