賢く転職しよう!転職オファーを呼びこむコツとは?

転職にも色々な方法がありますが、転職オファーを貰って転職することもできます。

 

こういった転職の仕方は「自分には関係がない」「ハードルが高すぎる」と思って最初から選択肢から外してしまう人も少なくありません。

 

しかし、これは大変もったいないことです。実は転職オファーは特に秀でた能力がない人でも受けることができるのです。そんな転職オファーを受けるコツを厳選して解説しましょう。

 

そもそも転職オファーとは?

まず転職オファーについて詳しく知っておきましょう。企業の方から「転職しませんか」と打診がある転職オファーであり、特に「業界でその人しか持っていない技術や知識がある」といった人を雇用する目的で利用されます。

 

転職オファーには色々なメリットが有りますが、転職オファーを利用して転職すれば「転職に時間をかけなくて済む」といったメリットが有ります。

 

他にも、基本的に好条件で採用されやすいというのもポイントでしょう。

また、企業もあなたのことをよく調べてから転職オファーしますから、ミスマッチが生じにくいというのも利点です。

 

通常の採用経路から外れて採用されるため、昇進が早いといったようなこともあります。このように実に魅力が多いのが転職オファーなのです。

 

転職オファーを受けて転職する流れ

これは人それぞれですが、基本的に、転職オファーをもらった後に雇用条件について担当者と話し合うといった流れになります。スムーズに交渉が進めば数日程度で雇用してもらえることもあります。

 

また、人によっては弁護士などを介して交渉を進めることもあります。いずれにせよ、転職オファーを受けたからといって焦って契約してはいけません

 

転職オファーには後述するように落とし穴もありますから、しっかりと注意して契約を進めていくことが大事なのです。

 

転職オファーを受けるためには

「業界内で有名になる」「仕事で実績を上げる」ことで転職オファーが自然と舞い込んでくるようになります。しかし、これには時間もかかるだけでなく、秀でた能力がないと難しい面もあるでしょう。

 

そんな場合にはまずは「転職エージェント」に登録してみましょう。転職エージェントによっては「こちらからオファーを待つ」といった形式の転職エージェントもあります。

 

こういった転職エージェントに登録すれば、最も労力をかけずに転職オファーを受けることができます。しかし、こういった転職エージェントで受けられる転職オファーは条件もそこまで良いものが少ないことは難点です。

 

業界紙・雑誌に寄稿する

他にも、転職オファーを受けるためには「業界紙・雑誌に寄稿する」のもおすすめです。

 

こういった業界紙・雑誌に寄稿すれば、あなたのことを注目してくれる人も出てきます。特に斬新なビジネススタイルなどを業界紙・雑誌でアピールできれば、「この人材が欲しい」といったように、転職オファーが来るようにもなるでしょう。

 

人事にアピールする。

転職オファーを出すのは会社の人事部です。こういった人事部に積極的にアピールしていくのも、転職オファーをもらうためのコツです。

 

そのためにも、転職オファーを貰いたいと考えている会社の人事部に対して「手紙を出す」のも良いでしょう。

 

また、その会社のツテを介して自分のことを人事部に知ってもらうのもおすすめです。また、その会社の人事部のことを調べて、どういった人材を求めているのかといったことを把握しておくと良いでしょう。

 

転職オファーを実際に受ける際の注意点

転職オファーを貰った際に気をつけておきたいことがあります。まず、雇用条件はしっかり確認しておきましょう。転職オファーによっては数年契約といったものもあり、最悪の場合には使い捨てられることもあります。

 

また、転職オファーではミスマッチが起こりにくいですが、いつまで経っても仕事内容が変わらないなんてことがしばしば起こる転職オファーです。

 

給料が高いのは転職オファーの傾向ですが、手当がつかないで実質の給料がかなり安くなる、なんてこともあります。このように転職オファーを利用して転職する際には気をつけておきたい多いですから気をつけましょう。

 

まとめ

転職オファーは紹介したように魅力的なものですが、気をつけておきたいことも多いもの。どの方法で転職オファーを狙っていくにせよ、実際に転職オファーを受けたらしっかりと契約内容は詰めていくようにすると良いでしょう。

 

転職オファーを受けるためには

  • 転職エージェントに登録する
  • 業界紙・雑誌に寄稿する
  • 人事にアピールする

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト