転職先は実はいくらでもあります。現種に拘らない転職先選び

景気は決して良い現状ではないので、転職をしても再就職先を見つけるのは困難だと想像していませんか?

 

実は転職先はたくさんあります。

求職者と求人のミスマッチが起こっているのです。
ある求人には応募が集中して、ある求人は見向きもされていないという現象です。

 

当然、会社の規模、給与水準、待遇、年齢制限等、様々な要因がありますが、細かく求人情報を探す事で、実は転職先はたくさん見つける事ができるのです。

 

大企業優先ではなく小企業のお勧め

有名企業や大企業希望の方は競争が激しいと心して下さい。どうしても無名企業より有名企業、小企業より大企業に人気が集まります。果たしてそういう尺度で転職を希望していますか?

 

実際一旦社会人経験を積んでいる皆さんですから、大企業が全てではない事はおわかりだと思います。かといって、小企業に在籍していた苦労があるので、少しでも大企業に就職したいという希望をお持ちになるのもわからないではない事です。

 

しかし、よく考えてみて下さい。それは貴方の現職を退職する理由です。

何が嫌で何を求めて転職しようとしているのでしょうか。そこを見つめ直すと、必ずしも有名企業や大企業でなければいけない理由は少ないのではないでしょうか?

 

就職の可能性を考えると小企業の方が圧倒的に可能性が高くなります。

大企業は一見安定していて待遇が良いように見えますが、一方では内部で仕事をするのは人が多くて意思決定が遅く、個人の意見が通りにくいなど、風通しの悪さもあります。一方小企業は真逆の事がほとんどです。

 

どちらを希望するのも貴方ご自身の自由です。しかし、競争率の高い企業にチャレンジし不採用の連続になるよりも、小粒でピリリとした小企業を選択する方が近道と言えます。

 

現職種ではなく、異業種のお勧め

今の会社の業種や、ご自身の職種に拘っているだけでは適当な転職先が見つからない場合でも、業種や職種を変えると可能性がある場合があります。

 

例えば、食品メーカーにお勤めで生産管理がお仕事の方が、同じ業界で同じ職種を探した場合は求人そのものが極端に少なくても、食品流通業界に目を向けたら、求人があるかもしれません。事ほど左様に、固執して条件を限定することなく、応募企業の幅を広くすると、可能性が高まります。

 

やみくもにとは言いませんが、広く応募先を探すと、意外な業種にやり甲斐がありそうな求人が転がっているものです。視点を変えてみて下さい。

 

給与ではなくやりがいのお勧め

どうしても現職の年収を基準に増える転職を探してしまうと思いますが、年収が少しくらい下がっても、やり甲斐があり、働きやすい職場なら、選択の余地がありませんか。誰しも収入は増やしたいと思っていると思います。

 

しかし、転職する理由はお金の為だけでしょうか?

そうだとしたらお勧めできませんが、そうではない理由で転職されるのであれば、年収よりも、仕事の質で転職先を探してみると、可能性が高まります。いくら働き甲斐がある会社でも、ご自身の想定を遥かに下回る年収であれば躊躇すると思いますが、ある程度の年収減であれば、目をつむるのも方策です。

 

就職時は下がっても、数年後にはリカバリーできる可能性もあります。この場合でもそうですが、今の会社の何が嫌で何を求めて転職するのかという理由がポイントです。

 

年収を増やしたいというだけの理由で無いのであれば、やり甲斐重視で転職先を探してみて下さい。

 

まとめ

この様に、転職を待遇の改善だけでとらえるのではなく、やり甲斐でとらえて企業を探すと、思いのほか応募企業はたくさんあるのです。

 

既成概念だけで転職先を探すのではなく、人生を変える良いチャンスなのですから、視点を変えて探してみる事をお勧め致します。

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト