転職しようか迷ったらちょっと待って!誰に相談するのがベストか?

転職理由は人様々だと思います。「やりたい仕事が見つかったから」「今の仕事が嫌になったから」etc・・・。

 

転職しようか迷ったら、誰に相談すればよいでしょうか?今回は、転職を相談するべき人、相談してはいけない人をご紹介します。

 

職場の上司に相談するべきか?

転職をするべきか迷ったので、身近にいる上司に相談するとします。仕事を一緒に何年も続け、自分のことを十分理解してくれている上司ならば、良きアドバイスをくれそうな気がします。

 

しかし、それは間違いです。

 

職場の上司に会社を辞めることを相談すると必ず辞めないように引き留められます。
「仕事を辞めるのはまだ早い。あと数年は今の仕事を続け、しっかりスキルを身につけてから転職をしないと、どこの職場に言っても使い物にならないぞ!」と言われるかもしれません。

 

しかし、それはその上司個人の考えではなく、上司としての立場での意見です。

 

部下が会社を辞めるとその上司の部下に対する管理能力が低いと上司は会社から評価されます。また、人が抜けると、代わりの人が来るまで部署の仕事が回らなくなる可能性もあります。

 

上司と部下と言う立場でなければ問題がないと思っているので、自分の部下でいる間は会社を辞めずにいて欲しいと思っています。よって、仕事を辞めようか迷っている段階で、上司に相談をしてはいけません。

 

仮に会社を辞めずにその会社に残り続けたとしても、上司からの心証は確実に悪くなります。その会社で出世する見込みはなくなるでしょう。上司に話をするときは「会社を辞めます」とはっきり告げるときにしましょう。

 

家族に相談をするべきか?

身近にいる家族には、転職について相談をするべきでしょうか?親のコネや紹介で今の会社に入社した場合は、必ず相談をしましょう。

 

最終的には本人の判断に任せるかもしれませんが、退職の時期については親からお願いをされるかもしれません。親の立場も考えてあげましょう。

 

既婚者は、配偶者に必ず相談をしましょう。転職をすると給与や生活パターンが変わる可能性があります。内定を取ってきた後では遅いです。家族に相談せずにこっそり転職活動をして、勝手に内定を取ってきたと思われます。

 

本人は内定が取れ、喜んでいるかもしれませんが、家族は全く喜んでくれない場合もあります。

特に旦那さんが奥さんに相談せずに転職先の内定を取ってきて、家族をとるか、転職を取るかの論争になると、旦那さんは家族を取り、転職をあきらめます。

 

ベンチャー企業に転職することで給与があがるとしても、奥さんは安定した企業に勤務し、土日祝・お盆・年末年始は家族いっしょに過ごせる生活を重視しているかもしれません。

 

転職者に相談するべきか?

今の勤務先で、先に転職をした先輩、同期、後輩がいれば、是非話を聞いてみてください。

 

転職後の福利厚生について

今の勤務先では当たり前のようにある、住宅手当、家族手当、退職金がない会社は、今の時代多くあります。転職先から提示される年収にはこれらの手当は含まれていません。転職してから給与面で生活がどのように変わったか聞いておきましょう。

 

今の勤務先で円満退職をする方法について

繁忙期間近に会社に退職を申し出ても、大抵は繁忙期を避け、転職時期を延ばすように言われます。会社の就業規則に「退職の申し出は1カ月前」と記載されていても「労働基準法に退職の申し出は2週間前」と決められていても、それを盾に今までお世話になった会社に足を向け、退職を強行することは現実的にはほぼ無理です。

 

会社に認めてもらえる退職方法を予め聞いておくとスムーズに転職できるようになります。

 

転職エージェントに相談するべきか?

転職することを決意する前に転職エージェントに相談しても良いのでしょうか。これは相談するべきです。

 

まず、自分の希望する案件の仕事の募集が出ているかを確認してもらうことが出来ます。また、自分の年齢やスキルで転職市場に案件があるかも確認できます。40歳を超えると転職案件はぐっと少なくなります。

 

案件がない場合、転職エージェントからあっさり取引を断られます。まずは自分の可能性を確認する上で、転職エージェントに登録し、相談をしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?転職を順調に進めていくためには、適切な人に相談し、自分に有利な情報を収集しましょう。また、周囲の人に余計な心配や気遣いをさせないような気配りも大切です。皆に認めてもらえる転職になることをお祈りします。



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト