転職を成功させるために

長年、勤めている企業を変わるということは非常に勇気がいることです。
自分が希望した会社に勤めているのですが、この会社を辞める。
そして、新たな企業に再就職すると言ったことは、何らかの事情があるということは間違いありません。

 

しかし、あなたが新たな職場を求めることは、今までできなかったことを実現させるための大きなステップアップでもあります。
そのためには、転職を視野にいれた事前準備というものも必要です。
理想的な転職を実現させるためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

 

それは、自分が何をしたいのか、どのようなな立場で自分のスキルやノウハウを最大に活せるのかといったことをキチンと整理して理解しておく必要があります。

 

人事は見ている

何故かと言うと人事採用面接官がそのような目で見ているからです。
当たり前のことですが、転職いわゆる再就職をするにしても、必ず採用試験があります。
主に再就職の場合は、面接重視といったようなことになるでしょう。

 

人事採用者の目から見る評価ポイントは、新入社員とは異なり即戦力として使えるかどうか、そのような観点で評価をすることが大きな重要なポイントになってきます。
このような評価だということを理解しながら、いかに自分がどのような仕事をしたいのか、どんなことができるのかを相手に明確にアピールできることが大切なのです。

 

臨機応変な対応も必要

ここで大事なことが1つあります。
いかに自分のノウハウや体験知識といったものをフル活用して仕事をさせるということが大事ですが、
他に経験則に基づいた柔軟な対応ができるかどうかということを求められる可能性があります。

 

転職は中途採用ですので、即戦力としてのスキルも求められます。

その場合には、あらゆる場面で臨機応変な対応が求められてくる可能性があります。
それは、長年培った経験に基づき、その場での柔軟な対応ができるいうことが必要だからです。
新入社員とは異なり、自分の判断で自ら行動できるといったことが、企業においては非常に重要な人材であると評価されるのではないでしょうか。

 

組織活動の中でには報告・連絡・相談は非常に重要視されますが、一方でスピーディーな判断をしなければならない場面も出てきます。
このような時に大切なのは、経験豊富な人間が適切な判断をすることです。
転職によって再就職した人々は、このような経験豊富な人々がいるというふうに判断されます。
従って、その場その場での臨機応変な対応ができる人材が求められてくるのです。
転職にあたり、このようなことも求められることを自覚しながらどのような仕事ができるのかということを、整理しながら準備しておくことも再就職成功のためのポイントではないかというふうに思われるのです。

 

実際の面接において

ある中途採用の面接試験での話です。
面接官の質問の中で、この企業に対する志望動機を就職希望者に質問しました。

「何故、わが社を選んだのですか?」

 



非常にオーソドックスな質問です。
ここでの解答は

「自分の培ったノウハウや体験もしくは、知識を思う存分活用できる会社だと感じたためです。」

 



といったような回答でした。
ここまでは正解と言えるような回答だったのですが、次に投げかけたい質問は、相手に対し予測し難いような質問だったのです。
この時、数人の再就職希望者がいたのですが、ご回答はまちまちです。
慌てて、その場を取り繕うような回答をした人もいれば、冷静に淡々と自分の経験則に基づく判断で回答した人もおり、色々な回答に分かれてしまいました。

 

人事担当者の質問に対しての正解はありません。

担当者が求めていたのは、この場合どのように判断するのか、冷静に分析して対処できるのかという観点からの質問だったのです。
ビジネス世界では、予測しがたい出来事が目まぐるしく起こっています。
このような激しい環境の中で、いかに適切に対応できるか、そのような人材が求められているのです。
転職で理想的な仕事をするためには、このようなことを想定しつつ再就職の準備をする必要があるでしょう。



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト