年齢はハンディではありません。最も求められている40代の転職

「年齢はハンディではありません。最も求められている40代の転職」

 

40代という年齢での転職に引け目を感じていませんか?

 

若い世代ならまだしも、中年の自分に転職先などあるわけが無いと、悲観していませんか。
そんなことはありません。むしろ逆です。

 

このデータを御覧下さい。

 

年齢別の転職回数と成功率のデータです。

 

">

 

初めて転職した場合の成功率を100としてみた時の、その後の転職の成功率です。
年齢が高い程二度目以降の転職成功率が高い結果が現れています。
これは、一定の経験を経た中堅人材が求められている証拠です。

 

ですから、40代の転職に引け目を感じる必要はありません。
むしろ自信を持つべきなのです。

 

そこで、40代の人材に求められている要件をご紹介致します。

 

 

「経験力」

 

40代の人材に最も求められているのは経験力です。

 

中途採用者であれば、新卒の新人とは違って、誰でもすぐに即戦力として働いて欲しいと思って企業は採用をしますが、やはり若年者の場合は経験が少ないので、一定の教育や研修などを経ない限り一人前に仕事をして貰えない場合が多いものです。

 

しかし、40代の社会人であれば、概ね学卒後20年間は社会人経験がある訳で、前職がどんな職業だったとしても、一定の経験値が備わっています。
場合によっては、役職者であった方もいる訳で、マネージャーとしての力量も備わっていると見られます。

 

たとえ役職者ではなかったとしても、後輩への指導経験も当然ある筈です。
つまりは、業務に関するスペシャリストとしての経験値や、マネージャーとしての管理経験値や、後輩への指導など職場対応の経験値など、複合的に経験力が備わっている人材として、期待されているのです。

 

その点が、40代の転職者に最も望まれている要件なのです。
間違いなく20代30代の転職者よりも経験を積んでいるのです。

 

最も自信を持って良い事なのです。

 

 

「専門性」

 

前章で述べた経験値は、人生経験と言い換えても構いません。

 

社会人経験があるという事は、それだけ人生の経験も豊富なのです。
それはあらゆる職場に効果を発揮する能力でもあります。

 

一方、人生経験とは別に、その道のスペシャリストとしての能力も同じように求められます。
仕事は多岐に亘る業務に別れて行われています。
事業というのは複合的な仕事の融合で形成されています。

 

ですから、様々な分野の仕事が存在している訳で、その分野の仕事も一定の年数をかけて従事していれば、自ずと専門性が備わります。

 

40代の社会人であれば、専門性の側面からも、経験力がある訳で、20代30代よりも深く専門分野の識見が備わり、対応技術も備わっている筈です。
転職者を受け入れる企業は、その専門性に大きな期待をして、40代の転職者を受け入れているのです。

 

ですから、貴方ご自身が今まで従事して来た専門分野の仕事に関して、自信を持って新たな職場で力を発揮すべく、自信を持ってご自身の専門性を選考過程でアピールするべきです。

 

自分の事をアピールするというのはちょっと恥ずかしいものです。
自意識過剰と捉えられないか心配な気持ちになるので、日常生活では多くの皆さんが謙虚にご自身を捉えておられると思います。

 

しかし、転職するまっただ中では、貴方の事は貴方ご自身が説明しない限り誰も助けてくれません。
短い時間でご自身の専門性を採用側の担当者に理解させなければ、採用は叶いません。

 

ここはいつもよりも少しばかり自意識過剰になって、ご自身の専門性についてを力説してしまいましょう。

 

 

「精神力」

 

40代と言えば最も働き盛りの年代です。

 

又、家庭にあっては一家の大黒柱として、妻子を養う役目を一番負っている世代でもあります。
その年代で転職を決意するからには、相当の覚悟と動機がある筈です。

 

その覚悟と動機を新たな職場で花開かせる事が、貴方ご自身の最も希望である筈です。
ですから、採用担当者には強烈な印象を与えるのはこの部分です。

 

経験値や専門性はある程度履歴書でもわかります。
しかし、書面ではわかりにくいのがこの領域です。
つまり、心意気や精神力、気持ちの部分です。

 

経験があって、専門性があって、その上でやる気に満ちている動機があって、採用者側は貴方を採用してみようと考えるものです。

 

採用過程で、最も貴方自信に問われる領域と言っても良いでしょう。
いわゆるモチベーションです。
確固たるモチベーションを見せつける事が、大事な事です。

 

 

転職するというのは簡単な事ではありません。
プロセスが簡単ではないと同時に、現在の貴方の生活環境を大きく変えてしまうのですから、家族を含めた応援が不可欠です。

 

40代で突然転職すると家族に伝えたら、大方の場合はびっくり仰天されてしまいます。
応募企業だけでなく、貴方ご家族にも転職意思をはっきり伝える事も大事な事です。
その事についてもお忘れなく。

 

その上で、自信を持って臨んで下さい。



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト