転職する際の強みになる?資格の取得は有利なのか

転職する際の強みになる?資格の取得は有利なのか

転職をする場合によく言われるのが、資格を持っている方が転職では有利だと言うことです。
しかし資格と言っても様々なものが存在していますし、企業にとって有益な資格でないといくら資格をたくさん持っていてもそれは無意味と言う事になります。そのため転職する際には希望する企業に必要となる資格を持っているかどうかを考えて企業選びを行うことが重要なポイントとなります。

 

 

資格の多さではなく役に立つかどうかが重要

資格の取得が転職に有利だということは確かに間違いないと言えますし、実際に企業側も資格を持っている人のほうを優先して採用する場合が多いのも事実です。
しかし企業が転職者に対し求めているものと言うのは、即戦力となり得る能力や資質ですので、
転職をする企業で役にたつ資格を持っているかどうかがとても重要になります。

 

  • 様々な資格を取得していた場合でも、転職先で使えない資格であればそれは転職時の強みとはなりません
  • 逆に資格は一つしか持っていないけれどそれが企業での仕事に役に立つものであれば、1つの資格が100の資格よりも強みになることもあります。
  • その為自分の持っている資格が企業で活かせるかどうかが重要で、その為には資格の活かせる企業を転職先としてチョイスするということも必要となってきます。
  • 資格が活かせる企業の場合は即戦力として資格を大いに活用できますが、資格の活かせない企業を選んでしまうとせっかくのスキルも無駄になってしまう恐れもあります。

 

 

誰でも取得できる資格は意味をなさない

資格の取得が転職でプラスになると考えて、様々な資格を取得しようとする人も少なくないと思いますが、ここで注意しなければいけないのが誰でも簡単に取得できるような資格は、転職時の強みとはならないと言う事です。
誰にでも取得できるものは資格としての意味を成しませんし、形だけの資格であれば無いのと同じだと言えます。

 

  • 事務や経理などの仕事をする際に有利とされている簿記の資格ですが、実際に転職時に有利となるのは簿記2級以上だと言われています。
  • 簿記の場合1〜4級まであり、4級の簿記に関しては誰でも取得できるような資格ですので、それを転職時にアピールしたところで全くプラスの効果は期待できないと言うことになります。
  • その為もし資格で企業に対してアピールしたいのであれば、なかなか取得できないような高度な資格や、経験や技術が必要となるような特別な資格を持っている場合のみ、資格の存在が転職時にプラスに働くと考える必要があるでしょう。

 

資格がない場合はどうする?

資格というものはある種のステータスのような存在です。その為高度な資格を持っていればそれだけ転職時に有利に働くと言うことは否定できませんし、企業側も企業にとってプラスになる資格であれば興味を持つことが多くなります。

 

しかし、資格を持っていると言う事と、その資格を活かした仕事が出来るということは全く別物ですので、今の仕事でその資格を活かして業績をアップした実績がある場合はいいですが、資格を持っているだけでそれが仕事に全く生かされていないようでは宝の持ち腐れと言えます。

 

転職をする際には企業側は資格も重視しますが、やはりもっとも重要と考えるのは今までの経験や実績がどれくらいあるかという事ですので、資格はあくまでもプラス要素であり資格そのものが採用の決め手になるわけではないと考えなければいけません。

 

 

まとめ

資格の取得により自分のアピールポイントを増やすことは可能になります。
しかしそれはアピールポイントが増えただけで、その資格を活かした仕事が出来るということをアピールすることの方が採用されるためには重要となります。
その為資格を取得すれば転職に有利と考えるのではなく、資格を取得しそれを自分のものとして活かした仕事がどれだけで出来るのか、今まで資格を活かした仕事が出来てきたのかを考える<ことが必要となるでしょう。

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト