中高年がやってしまいがちな面接での身だしなみNGとは?

面接で話すことの準備は万全であとは面接を受けるだけという人が意外と忘れがちなこと、それは何だと思いますか?答えは、「身だしなみのチェック」です。

 

面接というと面接で話す内容にばかり気を取られがちですが、身だしなみも面接での重要な要素です。普段の仕事がスーツだからと言って、気を抜いてはいけません。特に、中高年の転職希望者は、身だしなみチェックがおろそかになりがちなのです。

 

ここでは中高年が特に気を付けたい、面接用の身だしなみチェック内容について詳しくご説明します。身だしなみの準備不足はないか、ぜひ、確認してみてください。

 

中高年ならではの身だしなみチェックポイントを徹底分析します!
中高年によくみられる身だしなみNGチェックリストを大公開!あなたに当てはまる点はないか?チェックしてみてください!
また、中高年になると身だしなみがだらしなくなるのはなぜ?中高年の身だしなみ事情についてご説明します。

 

 

中高年の身だしなみNGとは?

中高年の方がやってしまいがちな身だしなみのNG行為を一覧にしてみました。まずは、一度当てはまる点が無いか、確認してみてください。

×中高年がしてしまいがちな身だしなみのNG行為

  • スーツやYシャツにしわがある、ボタンが取れている、裾がほつれているなど、服装がメンテナンスされておらず、だらしない
  • カバンや靴、ベルトなどがボロボロ
  • 体臭や口臭がある
  • 歯磨きが不十分で歯が黄色い、または、虫歯がある
  • 髪形がぼさぼさ
  • 汗っかきで汗シミがあり、顔がテカっている
  • フケが肩に落ちている
  • 肌が荒れていたり、かさかさで粉をふいていたりする
  • 太っていてシャツがズボンからはみ出していたりお腹周りがパンパンだったりする

×女性特有のNG行為

  • 厚化粧である
  • 香水の匂いがきつい
  • 大きすぎる石の指輪や派手なアクセサリーをつけすぎている
  • ハイヒールのかかとが高く、歩くとカツカツうるさい
  • 胸元や足などの露出度が高すぎる

 

いろいろな身だしなみNG行為を見てきましたが、当てはまることはなかったでしょうか?実は、このような身だしなみNGの状態で普通に仕事をしている中高年の人は意外と多いのです。

 

私が転職エージェントをしていた頃に相談を受けた中高年の人にも、このような人はかなりいました。若い人にはそのような人はいないのです。それはなぜなのでしょうか?

 

本項の『一目でわかる』ポイント

面接は見た目が第一です。
中高年になって崩れてしまった身だしなみを直さなければ、転職成功はあり得ません。

 

 

なぜ、年を取ると身だしなみがだらしなくなっていくのか?

転職エージェントをしていた頃に相談に来た中高年の転職希望者を一目見れば、「この人は面接で落とされるな」ということがだいたいわかりました。それは、なぜだと思いますか?

 

面接は話す内容は2割で、あとの8割は見た目で決まってしまうと言われています。もしかしたら、見た目が9割かもしれません。見た目がだらしない印象の人は、中身もだらしないと思われてしまうのです。

 

私も転職エージェントとして何人もの転職希望者を見てきましたが、その経験から言うと、見た目を清潔にしている人はまじめで仕事ができる人、そうでない人は中身もだらしない人です。ですから、見た目で人を判断するというのは、あながち間違ってはいないのです。

 

しかし、中高年になると見た目にこだわりがなくなってきます。年を取ると、自分の見た目などどうでもよくなってしまうようです。20代や30代の人は、まだこれから恋愛をして結婚相手を探さなければなりませんし、周りの目が気になりますからおしゃれに気を使います。しかし、もう結婚してしまえば、見た目や服装に気を使う必要はないのです。見た目などどうでもよくなってしまった中高年は、自分の服に皺が寄っていても靴がすり減ってボロボロになっていても肩にフケが落ちていても、全く気がつきません。

 

もちろん、接客業や営業職についている人は、商売柄見た目に気を使い続けているでしょう。しかし、顧客や社外の人と会わずに仕事をする人は、しわしわのスーツで時にはシャツがズボンから出ているようなだらしのない恰好で、仕事をしている人もいるのです。

 

「私はちゃんとおしゃれをしているから、大丈夫よ」という女性の方にも、気を付けていただきたいことがあります。それは、周りへの気遣いを忘れたおしゃれをしていないか?ということです。きつすぎる香水をつけていませんか?知らず知らずのうちに厚化粧になっていませんか?大きすぎるアクセサリーをこれ見よがしにつけていないでしょうか?過度なおしゃれは、時には人を不快にさせることもあるのです。

 

ここまでお話をしてきましたが、中高年のみなさんには思い当たることがありましたか?もし、「そういえば、見た目のことなど最近まるで気にしたことが無かった」「妻に全部任せているから、気が付かなかった」と思った人は、要注意です。

 

中高年ともなれば、自分より偉い人はほとんどいなくなります。自分が職場で一番の年長者という人もいるかもしれません。すると、自分に意見してくれる人はほとんどいなくなり、「フケが落ちていますよ」とか「香水がきつすぎます」などと耳に痛いことは誰も言ってくれません。しかも、年を取って自分の見た目に鈍感になっています。中高年とはそういう年代でもあるのです。

 

これから転職活動を考えている中高年の方は、客観的に自分の見た目についてチェックしてみることをおすすめします

 

 

本項の『一目でわかる』ポイント

年を取れば、身だしなみに無頓着になります。中高年から転職を志す人でも、初心に帰って身だしなみをチェックしましょう。

 

この記事のまとめ

■中高年はスーツに慣れすぎて身だしなみが逆に乱れてしまうもの。
「普段がスーツだから良い」と思わず、身だしなみを常にチェックして。

 

■自分の見た目を気にしなくなり、そのせいで転職を失敗する中高年が続出しています。
初心に帰って身だしなみを確認しましょう。

 

 

 

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト