転職するタイミングをよく考えると成功率が上がる!

タイミングを考えていますか

転職は決して、「ふらっ」とするものではありません。そんなこと、人生がかかってんだから当然わかっている、という方もいるかもしれませんが、案外とこのタイミングの大切さが分かっていない人が多いように思われます。本人はいろいろ考えているつもりでも、はたから見ると、「ふらっ」と転職をしようとしているとしか見えないことがよくあるのです。そういう人は、根本的に自分のタイミングだけしか頭にないのです。

 

 

転職先のタイミングを考える

こちらのタイミングだけでなく、相手のタイミングもしっかり見ておかなければなりません。例えば、塾業界は、夏期講習に入るときに先生の数が足りなくなるので、そのころに求人が発生する場合がよくあります。逆に、3月や4月は求人をしたくない時期。なぜなら受験生が抜けて、生徒数が一気に減っているため、塾の中ではかえって先生が余っているのです。

 

こういった流れで考えると、自分の考えだけで、4月は新年度の始まりで区切りがいいから4月に就職しよう、というのは独りよがりの話になってしまいす。そのように考えると、業界には一年を通しての求人の流れがあり、それにうまく乗っかる方がはるかに再就職出来る可能性が高まるわけです。

 

 

タイミングも奥が深い

ただ、業界全般に言えることが、その業界に該当するどの会社にもあてはまるわけではありません。例えば、さっきの塾の話であれば、4月に新校舎を出す場合もあり、その時はまず求人が発生するでしょう。つまり、その会社独自のタイミングもあるわけで、そこをしっかり把握したうえで、就職活動をしましょう。

 

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト