40代で再就職するためのブランク対策とは?

40代で再就職するためのブランク対策とは?

 

 

40代で再就職するためのブランク対策とは?

ブランクが長ければ長いほど、再就職は難航する

40代で再就職活動を行っている方の中には、リストラなど已むに已まれずの理由が原因であることも少なくないでしょう。ですが、中高年の再就職事情は楽観できるものではありません。

 

特に離職期間であるブランク期間が2年を超えると、書類選考を通ることすら難しいという現実があるようです。とはいえ、すでにブランク応募書類や面接で、どう説明したらよいのでしょうか?

 

 

ブランク期間の説明方法

長いブランク期間があることがマイナスになるのは事実ですが、それだけが採用・不採用をわけるわけではありません。応募書類の書き方や面接で、しっかり説明できるように準備しましょう。

 

ポイント

  • 病気やけがで長期療養を余儀なくされた場合は、すでに回復したことを明記する
  • 求職期間中に行った資格取得の勉強など、努力したことは必ず記入する
  • 特別な理由がなくブラック期間が長くなった場合は、スキル習得などを行い自己PRする
  • ブランク期間で自分が成長したと思うこと、働く意欲が増したことを誠意をもって伝える
  •  

上記3つは主に応募書類向け、4つめは面接時に役立つと思います。

 

 

絶対にやってはいけないこととは?

書類選考に通るために、ブランク期間を短く記載するのは、絶対にご法度です。もし、ごまかした内容で内定できたとしても、その嘘が露呈したとき、経歴詐称で内定を取り消される可能性が高くなります。

 

もし履歴書や職務経歴書が事実に異なるとわかっても採用してくれたとしても、そうした噂はすぐに社内に広がるものです。「嘘をつく人」というレッテルを貼られてから人間関係を築くのは難しく、働き心地が悪くなって続かないという最悪な事態も考えられます。

 

 

いまの自分を受け入れて、最大限努力しよう

好き好んで、ブランク期間を長くしようとする人はいないでしょう。ですが、応募しては不採用で落ち込むことを繰り返していても、事態は好転しません。
資格取得やスキルアップのために勉強したり、何かボランティアをするなど、自分の人間性を磨く努力をするのも大切です。いまの自分を受け入れ、変わる努力をすることが、再就職に近づく方法かもしれません。

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト