残業や休日出勤について、どれくらいであれば許容できますか?

残業や休日出勤について、どれくらいであれば許容できますか?

回答例1

 会社の売上に貢献し且つ成功報酬が約束されるのであれば、残業時間の許容範囲はとくにありません。

 

 ただ休日出勤については、個人的な記念日(結婚記念日、子供の誕生日など)や冠婚葬祭は個々人の都合を尊重し避けて欲しいのが本音です。しかしながら会社の都合も優先的に考えなければならないと思いますので、相談しながら決めていくのがベストだと思っております。

 

 私個人、具体的な日数を申し上げますと、月に3日は休日出勤は可能です。ただし、その日の残業はなしというのが前提にしておきたいです。

 

 付け加えますと、残業した翌日の出勤はフレックスタイム制を活用し、午前11時までの出勤を可能にしてくだされば大変助かります。最後に勝手ながら申し上げますと、年末は家族水入らずで過ごしたいので、休日出勤は避けたいです。が、年始の元旦からの出勤は大丈夫です。

41歳女性 デザイン制作志望

 

回答例2

 残業や休日出勤は少なければ少ないほど良いと思います。しかし、仕事をする為に残業が多くなってしまうのならば頑張ろうと思います。

 

 流石に徹夜をするという事は出来ませんし、休日は週1日は必ず必要だと思います。そこは常識的な範囲に納めてもらえればいいと思っています。

 

 世の中には突拍子もない事を言う企業も多いと思います。例えば寝ずにずっと仕事をしなければいけないという事です。24時間体制で仕事をすることを求める企業もあるようです。信じられないことですが、実在しているのです。

 

 私は仕事を頑張れると思いますし、常識的な範囲での残業や休日出勤ならば行っても良いです。しかし、代休なしで2週間連続で勤務する事や、家に帰らずに会社に寝泊まりをするようなことは出来ません。

45歳男性 金属加工職志望



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト