大不況下での転職活動を振返って - 42歳転職体験

42歳 男性
経理事務
経理事務
リクナビNEXT

 

 


リーマンショックの影響で在籍していた会社の業績が急激に悪化。このため、給料が減少して生計を維持することが困難になったためです。

 

 


 会社の状況が悪くなり先行きが見えなくなった時点で、会社に退職の意思を伝えました。話し合いの結果、退職時期が2ヶ月後と決まり、この時からハローワーク・人材銀行および複数の人材紹介会社・求人サイトに登録をして、転職活動を開始しました。

 

 


 転職は4回目でしたが、とにかく求人案件数の少なさには苦労させられました。今回の転職活動では、自身の年齢・景気の状況を鑑みて、自分ができる可能性があると考えられる案件については、応募をするようにしました。

 

約5ヶ月の転職活動期間で、およそ50社の求人に応募。うち面接試験まで進めたのは8社でした。

 

 転職先は現在勤務している会社です。ここも面接の結果、一度不合格となったのですが、他の決まった人が辞退をしたことにより補欠合格という形で入社することができました。百年に一度といわれる大不況下に、比較的短期間で希望する職種の仕事に就けたことは幸運でした。

 

 


 面接時に必ず聞かれたのがこれまで在職した会社の退職動機でした。振返ってみると退職の動機は様々でしたが、各社における在職中は退職するまで精一杯がんばってきた、という自負があります。ですから臆することなく堂々と退職理由を伝えることができました。自分の生き様を改めて見直すよい機会だったと思います。

 

 


 結果として今回は求人サイト紹介先の会社に転職できました。利用したサイトは、会計・経理事務職に特化したもので他のサイトと比較して応募条件を詳細に指定することができ、非常に使いやすかったというう印象があります。



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト