転職は資格と経験どちらが優遇されますか?

転職は資格と経験どちらが優遇されますか?

 

 

 

多くの企業では、経験の方が優遇されます。資格を持っている人の方が優遇されるのは、資格が必要な職種のみと考えてもいいのではないでしょうか。

 

わかりやすい職種で考えてみましょう。例えば事務職。特に医療事務や介護事務などは、多くの人にとって少し特殊な職業であるように感じるかもしれません。これに関する資格も、民間資格ではありますが幾つか存在しています。しかし、医療機関や介護施設での事務職というのは、必ずしも資格を必要としません。

 

もし、資格を取得して間もなく、しかし実務経験が全くない人と、資格は持っていないけれども医療事務や介護事務での実務経験を持つ人が同時に応募してきた場合、多くの医療機関、または介護施設では、資格は持っていないけれども実務経験を積んでいる人を優先して採用しようとするのではないでしょうか。

 

ただ、資格を持っていて損をするということは、あまりありません。資格も実務経験もない人と、実務経験はないけれども資格は持っている人とでは、多くの企業や機関、施設では後者を優遇する傾向が強いと思われます。

 

もし転職したいと考えている職種で働いた経験がなく、また資格もない場合には、転職前に資格の取得を考えてもいいのかもしれません。

 

少し判断が難しいのが、その職種での経験はないけれども、中高年者のように社会人の経験が非常に豊富である人と、そうではないけれども資格を持っているという人とが同時に応募してきている場合。

 

一方は社会人経験豊富でコミュニケーション能力があり、マネジメント能力も備えているが資格は持っていない、一方は、資格は持っているが社会人として働いた経験が乏しく、コミュニケーション能力などにも難がある。

 

両者ともに実務経験のない中高年者であるという条件で考えるならば、おそらく前者の方が優遇されるのではないでしょうか。

 

「転職は資格と経験どちらが優遇されますか?」という質問をしてくるということは、おそらくあなたは資格を持っていないのでしょう。であれば、これまで積み上げてきた経験をアピールする方向で対策を練ることが転職への一番の近道となるのかもしれません。

 

その他の質問:
上司にいつ転職の意思を伝えたらいいですか?
再就職手当について詳しく教えて下さい。
中高年の転職で収入をアップさせることは可能ですか?



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト