喫煙者は転職活動における面接で不利になるのか?

喫煙者は転職活動における面接で不利になるのか?

 

 

 

 タバコを吸う人に対しての風当たりは年々強くなっているように感じます。噂程度かもしれませんが、喫煙者は転職活動における面接、そして採用に不利になるのではないかという話を耳にしたことがある人も多いかもしれません。こうした質問が出てくるということは、おそらくあなたもそんな中の一人なのでしょう。

 

 噂程度であったとしても、そうした話が耳に入ってくるということは、喫煙者であることが面接で不利になる可能性が否定できないということではないでしょうか。

 

 では、なぜ喫煙者を敬遠する企業が、ほんのわずかかもしれませんが、出てきているのでしょう。

 

 喫煙者はタバコを吸う度に仕事から手を離しますが、それが1日に何度となくあります。これによって仕事の効率が下がると考える企業も多いようです。

 

 また、タバコを吸わない人が社内にいた場合には受動喫煙のリスクも出てくるため、それを嫌って喫煙者をできるだけ採用しないようにしている企業も少なくありません。

 

 受動喫煙をなくすために喫煙所を設ける企業もありますが、そもそもそこにコストがかかるからと考える企業もあるでしょう。

 

 タバコは健康に良くないことは周知の事実。それによって体調をもし崩されてしまえば仕事にも影響が出ますし、企業に不利益をもたらす可能性があると考える企業もあるとのこと。

 

 喫煙者を採用しなければこうしたリスクやコストを回避できますし、逆に、禁煙者を採用してもこれに代わるようなリスクやコストは考えにくいため、タバコを吸っていない人を採用した方がいいという考えに至るのは当然のことなのかもしれません。

 

 ただ、これは本当にわずかな企業の持つ考え方であり、現実的に喫煙者を断固採用しないとしている企業は少数派のようです。喫煙者が必ず転職活動における面接で不利になるわけではないので、さほど気にする必要はないのではないでしょうか。

 

 もし面接で「タバコは吸いますか?」と尋ねられたら、そこで初めて、「喫煙者はあまり採用したくない企業なのだろう」感じる、その程度だと思われます。

 

 どうしても喫煙が転職に不利になるのではないかと心配するのであれば、そのような心配をする必要がない禁煙者になってしまう、そういう考え方もあるのかもしれません。

 

その他の質問:
上司にいつ転職の意思を伝えたらいいですか?
中高年の転職で収入をアップさせることは可能ですか?
転職は資格と経験どちらが優遇されますか?



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト