再就職手当について詳しく教えて下さい。

再就職手当について詳しく教えて下さい。

 

 

 

就職すると雇用保険の保険料を支払うことになるはずです。それにより、失業した際には失業手当を受け取ることができ、再就職を果たすまでの生活費や就職活動費にそれを充てることができます。

 

この失業手当の給付を受けられる人には条件がありますが、その条件を満たし基本手当を受け取ることが認められた後、就職活動を行い再就職を早期に果たすことができたら、そのお祝い金のような形で受け取れるのが「再就職手当」と呼ばれるもの、そう考えておくといいでしょう。

 

基本手当をまだ受け取れるにもかかわらず就職活動に精を出し、見事再就職できればご褒美としてお金を支給しますよ、というのが再就職手当なのです。

 

再就職手当を受け取れるのは、基本手当を受け取っており、且つ、その基本手当を受け取れる残りの日数が所定給付日数(あらかじめ決められている基本手当を受け取れる全ての日数)の3分の1以上残っている人に限られます。

 

つまり、基本手当の支給残日数が支給日数全体の3分の1を切っている人は再就職を果たしても再就職手当については受け取れないのです。

 

上記の条件に当てはまり、3分の1以上の支給日数を残している人は、残りの日数分受け取れるはずであった基本手当の半分(50%)を、再就職手当として受け取ることができます。

 

もし3分の2以上の支給日数を残している人は、同じく残りの日数分受け取れるはずであった基本手当の60%に相当する金額を受け取ることができます。

 

失業手当を受け取り始めてからできるだけ早く再就職を果たすことで、より多くの再就職手当を受け取ることができるのです。

 

再就職手当を受け取った人が、その再就職先に半年以上雇用され、且つ、その企業で受け取る半年分の給料が前職の給料よりも低い場合には、「就業促進定着手当」と呼ばれる手当も受け取ることができます。

 

再就職手当を受け取るには、他にも、前職への出戻りではないことや、ハローワークに求職を申し込む前に再就職先が決まっていないことなどの条件があるので、もしそれらをクリアしているのであれば、この手当を受け取るために頑張って再就職活動に取り組むのもいいのかもしれません。

 

その他の質問:
求人の年齢制限をオーバーしているのですが応募しても大丈夫ですか?
上司にいつ転職の意思を伝えたらいいですか?
中高年の転職で収入をアップさせることは可能ですか?



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト