再就職による入社後の注意点をチェック?中高年編?

動いて話して、とにかく慣れる

再就職活動を乗り切り、再び働くことになった方の入社後の注意点をまとめてみます。

 

第一に、動くこと。ただ仕事を待っているだけでは駄目。自分に何ができるのか、自分は何をすべきなのかを察知・把握し、可能な限り自ら動き回ることを意識しましょう。

 

そして、話すこと。話しかけられるのを待っているのではなく、自ら話すことを意識しなければ、入社後はなかなか他の従業員とコミュニケーションが取れないでしょう。

 

これらを実践すれば、仕事にも会社にも他の従業員にも慣れることができます。慣れるのが早ければ早いほど、仕事に集中したり結果を残すまでの時間も短くなるはずです。

 

 

ミスがあれば、すぐさま反省

社会人であれば当然のことなのですが、何かミスがあればすぐさま反省しなければなりません。入社後はこうした姿を見せることで、結果や成果はともかく、人として評判が落ちることはないでしょう。

 

ただ、口先だけで反省しても駄目。言葉に出して反省をし、その態度を示すことも重要ですが、それ以上に、ミスをした後の行動に気を遣わなければなりません。ミスを取り返すための行動、ミスを再び起こさないための行動。こうしたものがより強い信頼感を呼ぶこととなり、あなたのいるべき場所の確保にも繋がるのです。

 

 

余裕があれば体力作りを

入社後、もし余裕があれば、体力作りを意識してみましょう。

 

再就職者は、人によっては長めのブランクがあり、しかも中高年であればただでさえ体力が落ちているはず。そんな中、仕事を目一杯こなすのは身体にとても負担がかかります。

 

体力があればなんとか仕事は乗り切れるもの。若い頃のような身体を取り戻すのは難しいでしょうが、仕事の合間を縫って体力作りを行ったり、通勤中もできるだけ歩くようにしたり、可能な距離ならば自転車で通うなどし、体力作りに励むことをお勧めします。

 

全ては、あなたがこれからより長く社会人として働くために必要なことなのです。

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト