再就職で外せない、給与交渉術

最終面接までに行う

給与交渉はできるだけ最初のうちにやっておくべきです。最終面接で給与交渉をするのは遅すぎると考えましょう。

 

仕事内容やこれまでの職歴などについて話をした後に、給与に関する話を切り出すと良いでしょう。ビジネスとして給与の話をすることは当然なので、躊躇する必要はありません。

 

 

現在の年収と自分の望む年収を正直に伝える

給与交渉では、まず自分が現在どのくらいの年収であるのかを正直に伝えましょう。そして、その年収では満足できないため、具体的にいくらぐらいの年収をもらいたいのかを言うべきです。

 

その際には、自分には希望年収を受け取るだけの価値があることをアピールしてください。

 

これまでの仕事の経験やスキル、将来性などを根拠として、年収をアップすることは妥当であると納得させるのです。

 

 

他業界や他業種の場合は給与アップは望めない

少し考えてみれば分かることですが、これまでに経験したことのない仕事をする際に、前職よりも年収を上げて欲しいという願いはなかなか聞き入れられないでしょう。

 

よほどあなたがすごいスキルを持っており、それが未経験の仕事にも活かせられるならばともかく、普通は未経験の仕事をする場合は最初のうちは勉強をすることばかりであり、戦力にならないことが多いです。

 

未経験であるにも関わらず給与アップを希望すると内定をもらいにくくなるでしょう。

 

 

入社前に必要以上に給与にこだわらない

給与交渉を入社前に行うことにあまりこだわらない方がいいでしょう。たとえば、入社した後に仕事で成果を上げて給与をアップさせる方法もあります。

 

特に成果主義を採用している会社であれば、給与交渉をするよりも、仕事で成功する方が年収アップできる可能性は高いです。

 

 

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト