面接は第一印象が命、です

入室して席に着くまでに50%以上勝負がついている

採用担当に呼ばれたら面接室に入室しますが、ドアをノックして開けてから椅子に着席するまでの間に半分以上勝負はついているとも言われます。第一印象は大事なのですが、明るく挨拶ができること、相手の目を見て話せること、ちゃんと言われてから着席すること、などは最低限心がけましょう。

 

 

相手の目を見て笑顔を絶やさず話す

どうしても採用担当の目を見て離せない人は相手の眉間を見て話す訓練をしましょう。それから作り笑いになってしまっても笑顔は重要です。質問されたことだけに、なるべく簡潔に率直に回答をするようにしましょう。長々と自己紹介をするのは不可です。

 

 

ヘアスタイルと服装も重要です

人間の第一印象はヘアスタイルで8割決まるとも言われますから、男女とも黒髪に戻して、身だしなみはきっちりしておきましょう。長すぎる髪の毛は後ろでまとめるようにします。ピアスやひげは基本的には不可です。

 

採用担当は中高年であることが多く、“清潔感のあるきちんとした服装”が好まれます。黒または紺のジャケットで面接に行きましょう。正社員ではなくアルバイトの面接であっても黒いジャケット程度ははおっていくべきです。

 

 

 



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト