起業をめざす中高年たち

 年功序列・終身雇用制の崩壊が本格化してきており、今を生きる中高年の多くは苦境に立たされています。これまで安泰と言われていた大企業に勤めていても、いつリストラの対象になるの判らないのが中高年だからです。

 

 万が一リストラにあったとして、中高年の再就職は非常に難しく、プライドを捨て、希望条件を大幅に下げても、非正規雇用やアルバイトでさえ探すことが難しい現状です。

 

 たとえ運よく再就職できたとしても、新しい職場では新人であり、世代の違う若者が上司になることもあります。失業するのも辛いのですが、再就職もまた辛いことが多くあります。

 

 それならいっそのこと、起業してみようじゃないかという気骨ある中高年が増えてきています。「リストラ=失業=悲しいこと」と悲観するのではなく、「リストラ=失業=チャレンジの時」と前向きに捉え、新たな道を歩みだす中高年の姿は、今の殺伐とした日本を背負う武士という感じでしょうか。

 

 最近では、起業を志す中高年向けに、格安な料金で事務所を提供するサービスも出てきています。それだけ多くの中高年が再就職ではなく起業の道を模索しているのでしょう。中高年が起業することで、新たな産業と、新たな雇用が創設されるのならば、沈没しかかった日本経済の建て直しに大いに貢献してくれるはずです。

 

 リストラされた中高年ならお判りだと思いますが、すでに会社に頼る時代は終わってしまいました。再就職が難しいのなら、起業も一つの案として検討してみてはいかがでしょうか。



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト