ハローワークの情報を民間の人材紹介会社も共有

ハローワークの情報を民間の人材紹介会社も共有

 

 

 中高年の求人情報と言えばハローワークや、転職サイトを思い浮かべる人も多いと思います。そのハローワークの求職者情報を厚生労働省が、民間の人材紹介会社に提供する取り組みを始めることが分かりました。

 

 これは2014年1月24日の日本経済新聞の朝刊に掲載されたもので求職者が希望した場合は、ハローワークに登録すれば民間の人材紹介会社からも求人情報が紹介されるようになります。

 

 厚生労働省ではハローワークの求職者情報を民間の人材紹介会社に提供するため、必要なシステムを開発し2015年度からの稼働を目指しています。

 

 具体的にはハローワークに登録した求職者から了解を得た上で、民間の人材紹介会社が求職者の職歴や希望する職種などを自由に閲覧し求人先を紹介できるようにするものです。
 ただ個人が特定される氏名や住所や電話番号などの、情報提供に関しては引き続き検討するとしています。

 

転職者には大きなチャンス

 

 厚労省によるとハローワークを訪れる求職者数は年間に700万人前後で、1日の利用者数も全国で17万人にも上ると言われています。

 

 景気回復の兆しが見え始めたとは言え、中高年の転職活動や就職活動には厳しい現実が待ち受けています。それだけに今回の厚生労働省の試みは中高年の求職者にとっても、民間の人材紹介会社にとっても歓迎されるものです。

 

 中高年の求職者にとってはハローワークの求職者情報だけでなく、民間の人材紹介会社からのスカウトも期待できるからです。人材紹介会社にとっても優秀な中高年の方々の存在は、ストレートにビジネスにつながるからです。

 

 中高年の求人も以前と比べると高い専門性や、マネジメント力が求められています。それだけに少しでも転職や再就職の可能性が広がる、今回の試みは中高年にとって大きなチャンスだと言えます。



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト