ニュース記事一覧

中高年はチャンスを掴む努力は怠らないこと

 さまざまな事情で会社を辞め就職活動されている方は多いと思いますが、そのなかでも中高年の再就職は困難を極めています。まず求人で年齢不問と書かれていてもお問合せの時点で、年齢を告げただけで断られてなどは序の口です。 書類を送っても種類選考で落とされ、面接までも漕ぎ着けることができないなど当たり前です。...

≫続きを読む

早期退職を選ぶか否か?

 2008年9月に世界経済を震撼させたリーマンショックは資本力にものをいわせる多くの大企業さえもあわてふためき、大量リストラや早期退職勧奨等を導入して、企業最大の固定費である人件費を流動化することで、企業防衛に躍起になりました。 特に倒産するはずがないと信じきっていた大企業が、"まさか"の事態を目の...

≫続きを読む

依然厳しい中高年の再就職

 高年齢者の雇用の安定を図ることを目的とした「高年齢者雇用安定法」の一部が改正になり、2013年4月1日から施行されます。ただしこの「高年齢者雇用安定法」は必ずしも会社や企業に、社員を65歳まで再雇用することを義務付けするものでありません。 「高年齢者雇用安定法」で会社や企業に義務付けているのは、6...

≫続きを読む

起業をめざす中高年たち

 年功序列・終身雇用制の崩壊が本格化してきており、今を生きる中高年の多くは苦境に立たされています。これまで安泰と言われていた大企業に勤めていても、いつリストラの対象になるの判らないのが中高年だからです。 万が一リストラにあったとして、中高年の再就職は非常に難しく、プライドを捨て、希望条件を大幅に下げ...

≫続きを読む

中高年の再就職、最大の課題は何か

 大手ビジネス誌が「中高年の再就職」に関して特集を組んだところ、反響が大きく引き続き第二弾のレポートが公開されていました。そこでは、中高年における「再就職難民」問題がフューチャーされています。 記事の結びとしては、日本の雇用態勢では一度レールを外れると、再びチャレンジする機会が非常に低いということ。...

≫続きを読む

中高年リストラと再就職

 総務省調査では、昨年末の製造業就業者数は998万人で、前年同月比較しても35万人減少、半世紀ぶりに1000万人を下回ったとのこと。長引く不況で国内消費が冷え込む中、高度成長期にある新興国の購買意欲は高く、海外の法人税や人件費が日本国内と比較して安ければ、生き残りをかけた製造企業が日本を捨てて海外進...

≫続きを読む

少子化と中高年

 中高年(40代以上)の再就職は相変わらず厳しい状態です。一般に再就職は一定期間、働くことを中断して、大学や資格のための受験勉強をしたり、留学したり、静養したり等々で職場から離れていた人が久し振りに職場復帰(元の職場か別の職場かは関係ありません。元の職場…つまり現職なら、休職制度を利用して)すること...

≫続きを読む

農業は中高年の再就職先となるのか?

 中高年が再就職を考えるなら、これまでの経験を生かし同業他社へ転職するのが一番いいのは言うまでもありません。 しかし業界自体が斜陽傾向でいっさい求人がなくなる場合や、技術革新でこれまでの技術では使い物にならず採用されなかったり、若い人でも代わりが効くため中高年では門前払いされたりと、業界・業種を変え...

≫続きを読む

中高年の再就職の選択基準は企業より経営者

 オランダのチューリップなどヨーロッパの美しい田園風景をモチーフに1992年にオープンした、長崎のテーマパーク「ハウステンボス」が会社更生法を適用することになったのは2003年のことです。 1996年には年間に380万人が「ハウステンボス」を訪れましたが、開園から1度も黒字を計上したことがありません...

≫続きを読む

ついに出てきた中高年向け転職必勝本

ついに出てきた中高年向け転職必勝本! 朝日新聞デジタルに掲載されたドリームニュースのプレスリリースの記事が興味深いです。就職必勝本系の書籍は昔からありましたが、その殆どは求人が多い若年層の新卒者向けでした。ネット上のサービスでは中高年向けのものも多数ありますが、40代50代を対象とした必勝本まで登場...

≫続きを読む

「いぶし銀スキル」注目高まる

「いぶし銀スキル」注目高まる 40代50代といえば、その業種・職種の専門性だけでなく、管理職としての能力や社会人としての高いスキルが身に付いてくる世代でもあります。しかし、これまでの転職現場ではそうした汎用性は専門性の陰に隠れていたともいえます。 ところが、ここのところ社会人能力を重視する企業が増え...

≫続きを読む

60歳以上の求人を集めたクラウドソーシングサイトが登場!

60歳以上の求人を集めたクラウドソーシングサイトが登場! 公的年金の支給開始年齢の引き上げに伴い、2013年4月に「改正高年齢者雇用安定法」が施行されました。 これにより、企業は社員の65歳までの雇用が義務付けられることになりました。しかし、雇用形態が正社員である必要はないため、60歳を定年と定めて...

≫続きを読む

条件や待遇面でどこまで譲れるかが勝負

条件や待遇面でどこまで譲れるかが勝負 政府は、国家公務員給与の平均7.8%引き下げる特例措置を2013年度末で終了することを決めました。年間約3000億円減額されてきた国家公務員の給与が、2014年度から、元に戻ることになります。中高年で仕事を探している人たちにとって、このニュースは腹が立つほかない...

≫続きを読む

希望求人に合格する面接術

希望求人に合格する面接術 長年続く不景気によって、リストラや倒産の他に会社の将来性などを見据えて転職を考える中高年は多くなってきました。しかし、現在の雇用情勢としては厳しい状況が続いており、就職難は新卒者に限らず中高年にも訪れています。選ばなければ求人自体はあるものの、人気の企業には多数の求職者が集...

≫続きを読む

ハローワークの情報を民間の人材紹介会社も共有

ハローワークの情報を民間の人材紹介会社も共有 中高年の求人情報と言えばハローワークや、転職サイトを思い浮かべる人も多いと思います。そのハローワークの求職者情報を厚生労働省が、民間の人材紹介会社に提供する取り組みを始めることが分かりました。 これは2014年1月24日の日本経済新聞の朝刊に掲載されたも...

≫続きを読む

決して大げさでは無い、ブラック企業の真実

決して大げさでは無い、ブラック企業の真実! サービス残業が横行し入社3年以内の社員の離職率が50%を超るユニクロや、社員が入社2ヶ月目で過労自殺したワタミフードサービスなどはブラック企業として週刊文春が掲載して社会問題にもなりました。 その週刊文春が今度は家電量販店のヤマダ電機の、ブラック企業体質に...

≫続きを読む

追い風が吹くリフォーム業界に注目!

追い風が吹くリフォーム業界に注目! 近年、住宅リフォーム業界に追い風が吹いており、採用ニーズが高まる傾向にあります。 その背景には、住宅ストックを活用しようとする消費者が増えたこと、築30〜40年になる住宅が増えたこと、東日本大震災をきっかけに政府がリフォーム市場を後押ししたこと、太陽光発電やコジェ...

≫続きを読む


トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト