40代と50代の再就職を成功させるための鉄則

40代と50代の再就職は転職じゃない

 〜「転職」のルートでは通用しない!〜

 

転職というと、現職に不満や問題を抱えていたり、経済的な問題などの理由で仕事を変えるというパターンが一般的です。これに対し、再就職というのは一度何かの理由で職を離れざるを得なくなり、その後新たな仕事に就くことです。両者は一見似ているように見えますが、全く違うものだということを、まず理解する必要があります。

 

転職活動は、在職中から始めることが有利だというのが広く知られているセオリーですが、再就職はすでに現職からは離れています。雇用保険の失業給付や貯蓄を崩して生活費を工面し、その中で就職活動をしなければなりません。そして、その期間が長くなるほど再就職は難しくなると言われています。

 

40代と50代ので再就職というと、それまでの経験や成果が正当に評価される場所に行きたいという声も多く聞かれます。しかし、それらは往々にしてほとんど役に立ちません。前の職場で挙げた成果は、あくまで前の会社の環境で、前の会社の利益に貢献したというものですから、次の職場がそれを求めているとは限りません。もし、その成果が非常に大きなインパクトを持つもので、他の企業もそのノウハウや力が欲しいと思えば、再就職の前にヘッドハンティングをされているかもしれません

 

特に40代からの再就職では、空白期間の長さや年齢で採用されにくくなる前に、出来るだけ多くの可能性にかけながら迅速に行うことが重要です。迅速さを優先するためなら、上述の前職の成果なども二の次にしなければななりません。

 

それでも、まずは仕事を得ることを優先すべきです。就職活動の長期化は百害あって一利なしです。膠着状態におちいる前に、出来るだけ効率的な転職活動を展開しましょう。

 

 

中高年の再就職はスピードが命!
  • これまでの成果や経験が評価されるとは限らない
  • 後手後手に回る前に、スピード感を持って活動する

 

 

再就職先を探す方法
ハローワークで探す

ハローワークのメリット

 

失業保険給付の申請と一緒に出来る

退職した際、雇用保険の失業手当ての申請のためには、どうしてもハローワークに行く必要があります。

 

職業訓練を受けつつ、あっせんを受けられる

1年以上雇用保険に加入していた場合、失業中に職業訓練を受けながら基本手当を受給することもできます。職業訓練を終えたあとは、次の職をあっせんしてもらえる場合もあります。

 

ハローワークのデメリット

 

窓口に行かなければならない

ハローワークで見つけた仕事は、ハローワークの窓口でいったん「紹介」をしてもらう必要があります。ハローワークオンラインを使って求人を探すことはできますが、窓口で紹介をもらわないと応募できません。

 

応募要項は必ずしも正確ではない

法律上、年齢や性別の制限などができませんが、実際に窓口で紹介をお願いすると断られることもあります。

 

成功率が低い

厚生労働省の調査によると、ハローワークで仕事を探した人の内、実際に就職できたのは3割程度です。

 

資料:厚生労働白書→日本の一日URL:http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/12-3/dl/02.pdf

 

転職サイトで探す

転職サイトのメリット

 

実質的な求人数の多さ

企業が転職サイトに依頼して求人を出しているので、基本的に採用を前提とした求人です。採用するつもりがないのに求人掲載する、いわゆる「カラ求人」は、企業側も依頼するメリットが無いため、ほとんど掲載されることはありません。

 

自分の希望条件で応募できる

大手と呼ばれるサイトだけでも、毎週膨大な量の案件が更新されているので、勤務地や職種などを指定して選ぶことができます。

 

スカウト機能などのオプションの幅の広さ

自分の情報を企業側から検索し、逆指名を受ける機能があります。また、説明会やセミナーを独自に主催しているので、単に案件を探して応募する以外にも多くのチャンスやメリットがあります。

 


スカウト機能のある国内最大級の転職サイト、リクナビNEXT。
利用者の評判と詳細はこちら

 

転職サイトのデメリット

 

零細企業は掲載されにくい

転職サイトに求人を掲載するには、依頼にかかる費用がかかります。応募された際に発生する採用関連の費用面でも企業体力を超えていると求人を出すのは難しい場合が多いです。そのため、たとえ優良企業であっても零細レベルの規模では、掲載されていないものもあります。

 

悪質な案件もゼロではない

社員を酷使して利益を上げ、退職したらすぐまた求人を出すという企業も稀に掲載されています。こういった企業は長い目で見れば成長には限界がありますが、当面の採用資金には困らないため、何度も掲載を依頼することがあります
※あきらかに事実と異なる情報を掲載していた企業については、採用後も対応してくれるサイトも有ります。

 

リクナビNEXTは以下の様な掲示を行っている

 

人脈を利用して探す

人脈で探すメリット

 

窮状を知った上で情報提供してくれる

再就職に苦労していることを知った上で、信頼関係に基づいて口利きをしてくれたり、情報を提供してくれる方がいることは、非常に恵まれています。こういった場合、よほどの悪意がなければ確かな情報を教えてくれるでしょう。

 

書類選考は無いこともある

一般の枠とは違う採用ルートの場合も多いため、書類選考がない場合もあります

 

中途採用を募集していない場合でも応募が可能

同様に、特別な枠を設けてもらえる場合は、その企業が募集していない部署や職種を受けることもあります

 

人脈で探すデメリット

 

相応の覚悟が要求される

人脈を活用する再就職は確実性が増す反面、職種や待遇について不満を言うことはできません。

 

失敗すると、周囲に迷惑をかけてしまう

紹介してくれている人は、方々に頼み込んで採用をお願いしている場合が多いです。万一不採用となった場合、紹介してくれた人を始め、協力してくれた部署のスタッフなど全員のメンツが潰れてしまうことにもつながります。絶対に失敗できない採用試験となります。

 

他社と併願できない

言うまでもないことですが、人脈を通じて応募している間に他社に応募することは重大な背信行為です。

 

求人雑誌で探す

求人雑誌で探すメリット

 

地元に密着した求人が多く掲載されています。

求人雑誌で探すデメリット

 

アルバイトや派遣の情報は豊富ですが、正社員の情報の充実度は地域によっては低いこともあります。

新聞広告・折り込みで探す

新聞広告・折り込みのメリット

 

最寄り駅別や、分野別の求人案件など、新聞によって得意分野があります。現在は、新聞には40代と50代の読者が多いため、年齢にマッチした案件も掲載されやすいと言われます。

新聞広告・折り込みのデメリット

 

掲載数が少ない割に、多くの人が見ることができるため、競争率は高くなります

 

後編では、上で挙げた方法を活用して再就職活動を行った例を3つのパターンで紹介いたします。

 

 

 

【後編】成功例と失敗例から学ぶ!再就職への道のり >

 

もしこの記事がお役に立ったなら、シェアにご協力下さい。


トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト