中高年の再就職ガイド|求人サイト人気ランキング

当サイトへお越し下さり、ありがとうございます。中高年の再就職は厳しい状況下ですが、このサイトでは「再就職に必要な5つの手順」や「「就職成功者の体験談」など役立つノウハウが満載となっています。


また当サイトが独自に行った「転職サイト利用アンケート」の結果、転職サイトを活用して多くの中高年が再就職に成功したことがわかりました。中高年こそハローワークだけで無く、就職サイトの利用が大事なようです、ぜひ就職サイトの登録を検討してみましょう。


そこで中高年の転職者を対象に、転職サイト利用状況のアンケート調査を実施いたしました。利用した求人関連のメディア、最終的に転職を達成できたサービス等のアンケートをもとに、転職サイトをランキングしています。是非これを活かして転職活動を成功させましょう。

 

ランキングの調査結果はこちらからご覧下さい。

リクナビNEXT [求人検索型はこちら!24時間応募可能!]
 社会人のための転職応援サイト「リクナビNEXT」は業界最大手のリクルートが運営しています。転職希望者の約8割が登録していると言われる人気サイトです。人気の理由は大手だけあり全国各地から集まる豊富な求人数です。また、公的機関のハローワークと比べても、優良企業からの求人も多く、中高年の再就職でも是非活用したいサイトです。  

 24時間ネット上で求人探しができるので、自分のペースで再就職活動ができるのも利便性が高くなっています。

スカウト機能を使ってみよう!
 スカウト機能とは、あなたがリクナビNEXT上で経験や技術をレジュメ登録すると、それをリクナビNEXTを利用する採用担当者にアピールできるようになる機能のこと。

 この機能を利用する採用担当者は非常に多く、会員登録者の倍近いオファー数が毎月やりとりされています。あなたもチャンスを増やすために利用してみてはいかがでしょうか?


利用者のクチコミ

求人数は半端なく多いです。また、大手企業からの求人もあるので質の高さを感じました。ネット上で求人探しが完結するので、忙しくても最就職活動ができるのが魅力でした。新しい求人が更新される毎週水曜日は欠かさず確認していました。(43歳・男性)

子育ても一段落したので再就職することに。何をどうすれば良いのか判らず、ネットに強い娘に『リクナビNEXT』を探してもらいました。元専業主婦でも雇ってもらえそうな仕事にいくつか応募し、どうにか雇ってもらうことができました。(40歳・女性)

年齢的に再就職できるか心配だったが、見事自分のキャリアを活かした転職に成功した。もちろん簡単なことではなかったが、地道に探した結果であろう。企業と従業員との相性もあるため、不採用になっても卑下しないことも大切であろう。(55歳・男性)

複数の求人サイトに登録しました。操作のしやすさは他と同じようなものです。求人数が多いのが一番の特徴で、他業界の動向なども比較検討させてもらいました。年齢的なものもあり、就職活動は難航。最終的には異業種へ転向しました。(52歳・男性)


リクルートエージェント [中高年の再就職におすすめNo1]
バナー
自分自身の経験値やスキルを最近の現場とすり合わせた上で、再就職先を紹介してくれるのがリクルートエージェントです。 リクルートエージェントは、再就職先を探す、いわば自分の代理人として企業をチョイスしてくれる上、自分自身の経験や希望する条件を企業側の条件と見合わせてくれるので、無駄が無い就職活動に結びつくのです。

利用者のクチコミ

業界の最大手だけあって、その求人数は非常に多くて助かります。リクルートエージェントは自分専属の担当者がつき、希望職種などをメールでやり取りしてくれました。担当者がいるということはとても心強く、再就職の悩みも打ちあけることができました。(50代 男性)

リクルートエージェントを利用したのは今年が初めてです。たくさんの求人から私にあった仕事をいくつかご紹介いただき、その企業の特色も詳しく教えてくださいました。担当者がついてくださったので、不安なく活動することができました。(40代 女性)

リクルートエージェントに登録した。模擬面接なども丁寧にしてくれるので、再就職する際にも不安なく臨むことができた。やはり業界トップクラスの求人の多さも信頼できる。今では本当にリクルートエージェントを選んで良かったと思う。(50代 女性)

担当エージェントの方にとても決め細やかな対応をしてくれたので安心しました。就職活動しているときも常に励ましてくれたし、落ちたときもポジティブな言葉をくれました。ほんとうに心の支えになりました。(40代 男性)

業界の大手だけあって求人数はたくさんあるが、その分登録者も多く、競争する気持ちがないと出遅れてしまうように感じた。面接セミナーなどのサポートはそろっており、キャリアコンサルトの方も丁寧な対応をしてくれるので、信頼できると思う。(40代 男性)

さすがの求人数。リクルートエージェントならではの強みだ。支援サポートもしっかりしており、自分しだいで大手の企業にも再就職できる。ただ、キャリアコンサルトの対応がやや事務的なのが気になった。登録者が多いのでしかたがないのかもしれないが。(50代 男性)


DODA [各業界に特化したキャリアアドバイザーを網羅!]
オリコンでも顧客満足度1位を取得したことのある、確かな実力のある転職サイト。他サイトでも見られる「スカウト機能」「アドバイザーの転職支援」どちらもカバー。

利用者のクチコミ

中高年の再就職の厳しさは、友人やかつての同僚からよく聞かされていた。だが、DODAに登録してみると、他では見られない質の高い求人が豊富で驚いた。後でキャリアコンサルタントに、非公開求人や独占求人が多い理由を聞いて納得したのだが、個人の職務経歴書には表れない強みや志向性を面談で引き出し、求人側が求めるニーズとのマッチングをはかるという方法が、企業の信頼を勝ち取る理由なのだろう。ここでなら、自分も前向きな就職活動ができそうな気がする。

子どもが全員大学を卒業し、親としての責任は果たしたので、やりがいや達成感のある仕事を任せてくれる企業に就職したいと考えていた。DODAには、中高年のキャリアやスキルを必要としてくれる、ベンチャー企業や新興企業からの求人も多い。会社を育て、後進を育成する仕事は、会社員人生の集大成として最適だ。紹介していただいた企業に就職が決まったので、新天地で結果を残すべく努力する所存だ。

DODAで取り扱う求人は、老若男女を問わないと聞いていました。確かに、中高年も応募できる求人が多く、レベルが高いことも認めます。ですが、私のように中小企業で長く一般事務を務めてきた者には、敷居が高いものばかりです。キャリアコンサルタントの方に、専門スキルがない一般事務職の求人の少なさと応募数が多くなる理由は伺っていますが、何度も書類選考で落ちると、気持ちがめげてしまいます。異業種も含めて、何か道はないものでしょうか

 

 

中高年の再就職には戦略が必要!

転職市場は活況であったとしても、中高年の求人がそれと比例して伸びるわけではありません。中高年が魅力を感じる求人には応募者が殺到するため、書類選考も通らず、悩んでいる求職者も多いことでしょう。中高年が再就職に成功するためには、若者と同じ手段ではダメだということです。戦略をたてて、計画的に転職活動を展開しましょう。

 

希望の年収ははっきりしておく

新卒の就職でさえも厳しいこの時代に、中高年の再就職を成功させるためには、一体何が必要なのでしょうか?それは、まず自分自身の経験とスキルの現実的な見直しと、謙虚さです。

 

中高年が新卒や20代よりも秀でているのは、やはり経験値です。しかし、その経験を知らない人に理解してもらうには漠然とした職種名や役職名だけではなく、具体的な仕事の内容や経験時間を見せる必要があります。また、スキルは昨今の現場の事情に合っているのかどうか、最新の技術や機械に即しているのかどうか、これは自分自身で検証して、確認しておく必要があります。

 

そして重要なことは、条件等で、自分が最終的に妥協できる線を明確にしておくことです。「年収はこれだけあれば、ギリギリなんとかなる」という数字を持たずにいると、採用側から「希望する収入は?」という質問に対して「お任せします」のような曖昧な回答しかできません。

 

ここで「最低360万円が必要ですが、多いに超したことはありません。実力を見ていただいてから、昇給していただけるよう一生懸命やります」など、謙虚で前向きな回答をすれば、相手にも「経験」を認めた上で、「数字の掴み方が正確で、質問に対する回答も誠実。そして謙虚だ」と納得してもらえます。

 

中高年の就職活動の考え方

 すでにキャリアも専門スキルも十分に持っている中高年の転職には、進め方にポイントがあります。

ここがポイント!

  • 自分にライバルと差別化できる要素を持つこと
  • ライバルがいない、あるいは少ない求人を開拓すること

中高年の就職活動で一番のハードルは、書類選考です。この書類選考に通過して、面接に進むための方法に、注力することが大事なのです。

 

 

差別化するということ

中高年を対象にした求人を出すと、その企業には大量の応募書類が届きます。採用担当者は、そのすべてに真剣に目を通しているわけではありません。そこで目をとめてもらうためには、求人にマッチした専門スキルと、応募した企業の利益につながる可能性を感じさせる応募動機を書くことが重要です。履歴書は丁寧に手書きする、職務経歴書は読みやすいように職務経験別にまとめる、別に自己PR文を用意するなど、自分が手を動かすことでできる努力は、すべて行うようにしましょう。

 

求人を開拓するということ

中高年が本気で再就職しようと考えるなら、求人サイトでやみくもに応募先を探すより、転職エージェントのサポートを受ける方が得策です。大手なら非公開求人や独占求人を豊富に持っていますし、転職エージェントによっては、あなたを採用してくれる企業を探すというサポートをしてくれるところもあります。また、中高年はこれまでのキャリアの中で、人的ネットワークを構築してきたはずです。そうした個人の情報網を活用し、求人を考えている企業を探すという選択肢もあります。自ら求人を開拓するという気持ちで、積極的に就職活動してください。

 

折り合いをつけることも大切

とはいえ、家族のいる中高年は、やりがいがあれば年収が下がってもいいとは言い切れない事情を抱えているものです。ですが、あなたの希望条件をすべて満たしてくれる求人を見つけるのは至難の業です。自分なりに折り合いをつけるポイントについても、しっかり考えておきましょう。

 

 

中高年の方へおすすめ一覧



トップページ 再就職5つの手順 おすすめ求人サイト